不動産査定博士 | 無料一括査定で高く売却する方法

各不動産無料一括査定サイトの特徴や、おすすめポイント等を比較。高値で不動産を売却するための方法をご紹介。

不動産売却における相場を調べるには。

基礎知識 更新日:

不動産売却を進める際、初期の段階で必要となる情報が、相場についてです。とは言え、日常的に売却相場を調べることも少ない一般的な方にとっては、どのような媒体から情報を仕入れれば良いのか、悩む所ではないでしょうか。以下、手軽かつ正確な方法を一部採り上げたので、参考にしてみて下さい。

国が提供する正確な情報

近年、インターネットの普及により、あらゆる情報が手軽に調べられるようになっています。パソコンの他、スマートフォンなどの携帯端末からでも、場所を選ばず調べることができます。しかし、それだけに不安となるのが、情報の信憑性です。それこそ、大きなお金が動く可能性もある、不動産売却時ともなると、安易な情報源は信じるべきではありません。

その点信頼感を持つことができる情報源として、「土地総合情報システム」のサイトが挙げられます。国土交通省が提供する、不相談取引価格情報を一般公開しているサービスなので、高い信憑性のもと利用できます。調べ方としては、都道府県、市町村を選んでいくだけとなっており、インターネットに不慣れな人にも利用しやすいです。

大手ポータルサイトが提供する不動産サイト

goo住宅不動産」と言うサイトも、インターネットから利用できる不動産相場情報を調べる際に役立つ存在です。こちらは国交省などの国が提供するサービスではありませんが、知名度のある大手ポータルサイト「goo」が運営するサイトとなっています。

こちらは前述の「土地総合情報システム」と同様に地域を選択した後、物件の種類を指定します。次に詳細なエリア選択の画面が出てくるので、該当する箇所のチェックボックスをクリックし、検索をかけます。あとは一覧で閲覧できる形となるので、価格・間取り・建物面積・土地面積・築年数の情報を売りたい自分の物件と照らし合わせ、近い条件の物件を見つけます。こうすることにより、相場を割り出すことができます。

LINEで送る
Pocket

当サイト不動産一括査定サービス・お申込数ランキング

1位 一括査定の利用者数、運営歴No.1!「HOME4U」

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
・ 2001年から運営で安心の実績!一括査定No.1の歴史
入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
HOME4U
お申し込みの流れはこちらから

2位 まずは大手のみに相談したいなら「すまいValue」

提携不動産会社 6社(大手のみ)
対応地域 全国※一部地域を除く
大手6社を比較できるのはすまいValueだけ
※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
・大手だけの査定相談になるので、安心感抜群
・全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
すまいValue
お申し込みの流れはこちらから

3位 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる! 「マンションナビ」

提携不動産会社 非公開※2,500店舗
対応地域 全国
・ 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
年間360万人利用の安心実績!
・ 全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
マンションナビ
お申し込みの流れはこちらから

4位 一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
運営11年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定サイト
一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ
・ 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
・ 全国で550社以上が対応
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
リガイド
お申し込みの流れはこちらから

5位 加盟会社は1,000社以上 イエイ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
・ 評判が悪い不動産会社を徹底的に排除
・ 加盟会社は1,000社以上と一括査定では多く、たくさんの会社を比較できる
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 入力が約5分のカンタン入力で無料
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
マンション売却、不動産売却のイエイ
お申し込みの流れはこちらから
LINEで送る
Pocket