不動産査定博士 | 無料一括査定で高く売却する方法

各不動産無料一括査定サイトの特徴や、おすすめポイント等を比較。高値で不動産を売却するための方法をご紹介。

家を売るときの諸費用とは?

よくある質問 更新日:

家を買う場合と同じように、家を売る場合もいろいろな経費がかかります。

たとえば家を売る際は不動産業者が仲介に入るのが一般的ですが、その場合は仲介手数料が必要です。

仲介手数料の計算式

仲介会社を通じて家を売った場合、不動産業者に仲介手数料を支払います。

売却にともなう諸経費のうち、最も額が大きいのがこの仲介手数料です。

仲介手数料には上限が決められており、厳密な計算方法は少しややこしいのですが、取引価格が400万円を超える場合は「取引価格×3%+6万円+消費税」という式で上限額を求めることができます。

仲介手数料は上限以下であれば不動産業者が自由に決められますが、通常は上限ギリギリの設定になっている場合が多く、他の印紙代などの諸経費に比べて額が高くなりがちです。

譲渡所得には税金がかかる

家の売却によって利益が出た場合、その利益は所得税と住民税の課税対象になります。

これも不動産売却の諸経費として考慮しておく必要があります。

譲渡所得に対する課税率は、不動産の利用方法や所有していた期間によって異なり、一定の要件を満たしている場合は最高3000万円の特別控除が受けられます。

その他の諸経費

家を売る際に、住宅ローンの抵当権などが設定されている場合は、その抹消のための登記費用がかかります。

また、不動産の売買契約書には収入印紙を貼って印紙税を払う必要があります。

権利抹消の登記費用や印紙税は、物件に設定されている権利の種類や売却額、作成する契約書の数によって異なります。

LINEで送る
Pocket

当サイト不動産一括査定サービス・お申込数ランキング

1位 一括査定の利用者数、運営歴No.1!「HOME4U」

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
・ 2001年から運営で安心の実績!一括査定No.1の歴史
入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
HOME4U
お申し込みの流れはこちらから

2位 まずは大手のみに相談したいなら「すまいValue」

提携不動産会社 6社(大手のみ)
対応地域 全国※一部地域を除く
大手6社を比較できるのはすまいValueだけ
※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
・大手だけの査定相談になるので、安心感抜群
・全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
すまいValue
お申し込みの流れはこちらから

3位 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる! 「マンションナビ」

提携不動産会社 非公開※2,500店舗
対応地域 全国
・ 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
年間360万人利用の安心実績!
・ 全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
マンションナビ
お申し込みの流れはこちらから

4位 一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
運営11年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定サイト
一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ
・ 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
・ 全国で550社以上が対応
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
リガイド
お申し込みの流れはこちらから

5位 加盟会社は1,000社以上 イエイ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
・ 評判が悪い不動産会社を徹底的に排除
・ 加盟会社は1,000社以上と一括査定では多く、たくさんの会社を比較できる
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 入力が約5分のカンタン入力で無料
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
マンション売却、不動産売却のイエイ
お申し込みの流れはこちらから
LINEで送る
Pocket