不動産査定博士 | 無料一括査定で高く売却する方法

各不動産無料一括査定サイトの特徴や、おすすめポイント等を比較。高値で不動産を売却するための方法をご紹介。

マンションにかかる固定資産税について。

基礎知識 更新日:

不動産に関する税金は色々な軽減税率が関係してきます。固定資産税についても一戸建て、マンションそれぞれ条件が異なっています。例えばマンションの場合1戸あたりの床面積が40㎡以上、280㎡以下の条件であるなど一定の要件を満たせば5年間半額となる優遇措置があります。また、平成24年3月31日まで新築された家屋であること、3回以上の中高層耐火住宅など条件に満たしていることが必要です。

一生でかかる税金の割合

また、固定資産税は一生支払い続けるものですから、建物の評価額にも左右されます。マンション、一戸建て共に新築時に3000万円で購入したとしましょう。建物評価額×1.4がかけられるのは同様です。ただし同等の金額だとしてもマンションのほうが評価額が上がりやすいため、30年間固定資産税を支払い続けた場合、一戸建てのほうが200万円近く安くなる可能性が高くなります。マンションは鉄筋コンクリート作りですが、一戸建ては木造住宅となるため長持ちしないと考えられています。そのほか、マンションには共用部分も価格に含まれるため、一般的には評価が高くなりがちで、それに対する固定資産税も上がりやすいのです。

マンションは資産価値が長く続く

マンションの評価額が高く固定資産税が高くなるということは、生涯住み続けるには総額の税額で損ですが、途中で売却する際には有利となります。木造戸建て住宅を30年で売却しようとすれば建物の金額はほぼ無くなるのに対し、マンションなら外壁などの修繕もこまめに行われ、鉄筋コンクリートという特製上、まだまだ住むことができると評価されます。途中で売却しその金額で第二の人生を過ごす住宅を確保するという考え方もできます。また、マンションの場合土地の割合が狭く、室内も戸建てに比べると広くないため年間の固定資産税の割合はそれ程高くならないのが一般的です。

ライフスタイルによる違い

どちらが有利かは住み替えのしやすさ、税金の総額など色々な面で考慮すべきではないでしょうか。更にマンションの場合は修繕費積み立て、管理費、駐車場などを考え総合的に判断すると分かりやすくなります。

LINEで送る
Pocket

当サイト不動産一括査定サービス・お申込数ランキング

1位 一括査定の利用者数、運営歴No.1!「HOME4U」

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
・ 2001年から運営で安心の実績!一括査定No.1の歴史
入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
HOME4U
お申し込みの流れはこちらから

2位 まずは大手のみに相談したいなら「すまいValue」

提携不動産会社 6社(大手のみ)
対応地域 全国※一部地域を除く
大手6社を比較できるのはすまいValueだけ
※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
・大手だけの査定相談になるので、安心感抜群
・全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
すまいValue
お申し込みの流れはこちらから

3位 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる! 「マンションナビ」

提携不動産会社 非公開※2,500店舗
対応地域 全国
・ 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
年間360万人利用の安心実績!
・ 全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
マンションナビ
お申し込みの流れはこちらから

4位 一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
運営11年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定サイト
一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ
・ 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
・ 全国で550社以上が対応
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
リガイド
お申し込みの流れはこちらから

5位 加盟会社は1,000社以上 イエイ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
・ 評判が悪い不動産会社を徹底的に排除
・ 加盟会社は1,000社以上と一括査定では多く、たくさんの会社を比較できる
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 入力が約5分のカンタン入力で無料
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
マンション売却、不動産売却のイエイ
お申し込みの流れはこちらから
LINEで送る
Pocket