不動産査定博士 | 無料一括査定で高く売却する方法

各不動産無料一括査定サイトの特徴や、おすすめポイント等を比較。高値で不動産を売却するための方法をご紹介。

マンション査定の相場はどうなっていますか?

よくある質問 更新日:

今回はマンション査定の相場はどうなっていますか?、ということで自分が所有しているマンションの査定価格が気になっている人のために、少しでも高くマンションを売却する方法と、不動産売却に当たっての大切なポイントをまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

最近はマンションの売り時だというニュースがメディアでも取り上げられる回数が増えていて、マンションの売却を考えている方も多いのではないでしょうか?
ここ数年間の不動産市場は確かに売り時の傾向がありますので、一度査定をしてもらってからでも検討の余地は十分にありそうですよね。
今回はマンションの売却に絞って、査定価格の調べ方や、売却時の査定価格が決まるポイントなどをまとめましたので、ご覧下さい。

何はともあれ、マンションの現在の相場を知ろう

自分の所有しているマンションの相場を知ることは、いざ査定をされる前の心の準備にもなりますし、公正な取引のための重要な情報にもなりますので、必ず調べるようにしましょう。
具体的な調べ方としては、過去に同地区のマンションがどの程度で売られていたかが分かる国土交通省が運営する、土地総合情報システムにアクセスしてみましょう。
このサイトからは全国の過去の不動産の売買成約履歴が閲覧できます。
大体、同じスペックの物件を探して、成約金額を見つけることができればそれ数字が相場として確認できるわけです。
土地総合情報システム以外にも、不動産会社に直接問い合わせる方法も有効ですし、現在売りに出ている物件から相場のめどを立てることの出来ますので、気軽に自分の所有しているマンションの相場を調べてみましょう。

ある程度現状が把握できたら、できるだけ見積もりを多く取ってみよう

マンションをできるだけ高く売ろうと考えているのであれば、不動産買取業者同士の相見積もりは必須事項になります。
最終的な売買成約の金額は購入者と売り手の交渉になりますが、それでも見積もりの段階で期待できる買取業者と、そうでない業者との選定はしておくべきでしょう。
最近では、無料でマンションの一括査定を行ってくれるサイトも出てきていますので、そういったツールを活用すると一気に手間が省けますのでオススメです。
ただ、サイト毎に参加している不動産会社が違いますので、ここでも幾つかのサイトに一括査定の申し込みをしておくと、高額な見積もりがもらえる可能性が上がるでしょう。

訪問査定の前に最低限の準備をしよう

マンションの査定時に、何の準備もしていないと査定で不利になって、最悪、不動産会社のカモにされてしまう可能性があります。
マンションの実地査定が入る前に、しておくべき準備はまず書類の準備です。
マンションを購入した時の図面やパンフレット、契約書も勿論あるといいですし、重要事項の説明書も査定には影響があります。
固定資産の納税付書もあると、査定の際に不動産会社の営業さんに舐められることはないでしょう。

マンション査定は時期によっても価格変動することを知ろう

不動産業界にも繁忙期と閑散期が存在します。
マンションの売買にも関係してきますので、査定も時期によって相場に影響があることも知っておきましょう。
売買には関係ない、賃貸だけだと仰る営業さんもいますが、明らかに繁忙期の方がマンションの相場は上がる傾向にあります。
不動産業界の最盛期は1月、2月、3月です。
第二最盛期と呼ばれるのは、9月、10月、11月ですね。
子供の成長に合わせたマンションの住み替えは、毎年多く、ほとんどのケースで新学年の期間に集中します。
生活環境がその時期に変わるのですから当然といえば当然ですね。
マンションの需要が高くなれば、その分だけ相場よりもマンションの高額査定が期待できます。
売却の期間に余裕があるのであれば、確実に考慮しておいたほうがいい情報ではあります。

マンションの評価の対象になっている項目を知ろう

マンションの評価の対象を知ることで、相場から頭一つ抜けた売却価格を実現できる可能性がありますので、知識として確認しておきましょう。
ウェブサイトのマンションの一括査定などでは、建物の占有部分の面積と、間取りと、築年数である程度の見積もりを算出してもらえるのですが、訪問査定となるとその項目は多岐にわたります。
ここではその評価の項目を簡単に記述していきます。

・都心に近いか、または都心部へのアクセス状況はどうか?

・最寄駅はどこか、またその駅への距離はどうか?

・最寄駅の人気はどうか、また物件が存在する地区の人気はどうか?

・管理業者はしっかりとしているか、管理状態はどうか?

・建物そのものの外観はどうか?

・緑地スペースや景観はどうなっているか?

・施工業者は大手の会社か、大手の分譲か?

こういった細かい項目で査定価格が決まっていくことになります。
ここに挙げた以外にも、不動産会社によって細かく査定基準が決まっています。

最後に簡単にマンション売却までの流れを把握しておこう

最後になりましたが、実際のマンションの売却までの流れを知ることで、頭の中で売買のイメージを作って、スムーズな売却を目指しましょう。
ともあれ、誰もが納得する形での売買成約が理想ではあるので、慎重さも大変重要になります。

・不動産会社に査定の依頼をする

・不動産会社による査定額の確定後、マンションの販売促進活動が行われる

・販売促進活動に伴って、購入希望者が出てきた段階で問い合わせを受け付ける

・交渉が進められ、双方が納得した段階で購入希望者からマンションの購入申込をを受ける

・売買契約がなされ、仲介業者を挟んで売り手の指定の口座に購入代金が振り込まれて取引完了

簡単にざっくりとした説明だと、マンションの売買契約の流れはこういった形になります。
早ければ2、3ヶ月ほどで取引が完了してしまうケースもありますので、頭の中で流れをイメージして、流れに乗り遅れないようにしましょう。

最後に

ここまでマンション査定の相場はどうなっていますか?、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?
マンションに限らず、不動産の売買に関しては業者に依頼するにしても、売主としては最低限の知識がないと公正な取引に差し支えてしまうかもしれません。
不動産業界について少しでも知っておくことで、売却自体もスムーズに進行できますので、少しでも高値での売却につながるはずです。
大切に住んできたマンションだからこそ、後悔のないような売却活動にできるように是非、理解を深めていただければと思います。
この記事がそういった人たちに参考になれば幸いです。

人気記事:HOME4Uの評判・口コミ・特徴まとめ。

LINEで送る
Pocket

当サイト不動産一括査定サービス・お申込数ランキング

1位 一括査定の利用者数、運営歴No.1!「HOME4U」

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ NTTグループ運営だから個人情報もしっかり管理
・ 2001年から運営で安心の実績!一括査定No.1の歴史
入力が約5分のカンタン入力、しかも無料
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
HOME4U
お申し込みの流れはこちらから

2位 まずは大手のみに相談したいなら「すまいValue」

提携不動産会社 6社(大手のみ)
対応地域 全国※一部地域を除く
大手6社を比較できるのはすまいValueだけ
※三井のリハウス/三菱地所ハウスネット/住友不動産販売/東急リバブル/野村の仲介/小田急不動産
・大手だけの査定相談になるので、安心感抜群
・全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
すまいValue
お申し込みの流れはこちらから

3位 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる! 「マンションナビ」

提携不動産会社 非公開※2,500店舗
対応地域 全国
・ 売却査定だけではなく、賃料査定も同時にできる!
年間360万人利用の安心実績!
・ 全国対応、無料で一括査定依頼
【無料一括査定はこちらから】
マンションナビ
お申し込みの流れはこちらから

4位 一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
運営11年目!HOME4Uに次ぐ老舗の一括査定サイト
一度に最大10社を比較できるのはリガイドだけ
・ 入力が約5分!FacebookやYahooからの情報を引き継げる
・ 全国で550社以上が対応
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
リガイド
お申し込みの流れはこちらから

5位 加盟会社は1,000社以上 イエイ

提携不動産会社 550社
対応地域 全国
・ 不動産一括査定サイトでは運営歴が長く安心
・ 評判が悪い不動産会社を徹底的に排除
・ 加盟会社は1,000社以上と一括査定では多く、たくさんの会社を比較できる
・ 対応可能な不動産会社を自動で抽出し、複数社の見積りを比較
・ 入力が約5分のカンタン入力で無料
・ 全国どこでも対応可能
【無料一括査定はこちらから】
マンション売却、不動産売却のイエイ
お申し込みの流れはこちらから
LINEで送る
Pocket